ニュース一覧

地下水位情報

2022年1月20日(木) 9時~14時の地下水位(富山市荒川)

 -13.65m ~ 14.55m   

1月20日 14時現在 水位は-13.6mで、降雪のため水位は低下しています。(通常-1.15m~-1.35m)

※道路の融雪装置は節水と水位を回復させるため運転が止まる時間があります。(11時~12時/13時~14時)

-13.65m   (2022年1月20日(木) 14:00 雪)

-13.70m   (2022年1月20日(木) 13:53 雪)

-14.37m   (2022年1月20日(木) 11:53 雪)

-14.55m  (2022年1月20日(木) 10:25 曇り)

-13.89m    (2022年1月20日(木) 9:34 雪)

-9.50m ~ -11.07m (前回/2022年1月19日(水)9時~14時 晴/曇り)

-16.52m ~ -17.43m (前前回/2022年1月18日(火)9時~14時 雪/曇り)

 

土曜日・日曜日・祝日は更新できませんので、富山県の地下水観測データをご参考ください。↓

〈参考〉

富山県地下水観測データ(リンク)

富山県ホームページ(地下水位低下注意報)(リンク)

★降雪の際、地下水位が低下するおそれがあります。地下水をご使用の際は節水にご協力をお願い致します。

(過去数日間の地下水位データ)

●2022年1月19日(水) (晴/曇り)の午前9時~14時までの地下水位 -9.50m~-11.07m (前日よりも水位が回復し、9時頃の水位は-11.07mでした。その後も天気は良く、水位は回復していっていました。14時頃には-9.50mでした。)

●2022年1月18日(火) (雪/曇り)の午前9時~14時までの地下水位 -16.52m~-17.42m (降雪のため水位が-17.4mまで低下していましたが、天気が良くなるにつれ水位も回復していっていました。14時頃には-16.8mでした。)

●2022年1月17日(月) (雨/曇り)の午前9時~14時までの地下水位 -6.01m~-6.35m (降雪のため水位が-22mまで低下していました。11時頃に-22mとなり、雪止んだ時間帯は水位が回復し、14時頃には-20.6mでした。)

●2022年1月14日(金) (雪/曇り)の午前9時~14時までの地下水位 -20.61m~-22.33m (降雪のため水位が-22mまで低下していました。11時頃に-22mとなり、雪止んだ時間帯は水位が回復し、14時頃には-20.6mでした。)

●2022年1月13日(木) (雪)の午前9時→14時までの地下水位 -15.54m→-17.50m (降雪のため水位が-17mまで低下していました。)

●2022年1月12日(水) (雪/曇り)の午前9時~14時までの地下水位 -11.94m~-12.85m (降雪のため水位が-12mまで低下していました。雪が止んだ時間帯は水位の回復もしていましたが、降雪時は低下していました。)

●2022年1月11日(火) (雨/曇り)の午前9時~14時までの地下水位 -1.62m~-1.71m (9時~14頃の水位は-1.62m~-1.71mであまり変わりありませんでした。)

●2022年1月7日(金) (曇り/雪)の午前9時~14時までの地下水位 -2.85m~-3.08m (水位は回復の傾向にありました。9時~10頃の水位は-2.85m~-2.95mで、11時~13時頃は-3.05m前後、14時頃は-2.95m前後でした。)

●2022年1月6日(木) (曇り/晴)の午前9時→14時までの地下水位 -3.92m→-3.52m (水位は回復の傾向にありました。9時頃の水位は-3.92mでしたが、その後水位は回復し、14時頃には-3.52mでした。)

●2021年12月28日(火) (曇り)の午前10時→14時までの地下水位 -17.49m→-14.77m (降雪のため水位が下がっていました。10時頃の水位は-17.49mでしたが、その後水位は回復傾向にあり、14時頃には-14.77mでした。再度降雪があればまた水位は下がるおそれがありますのでご注意ください。)

●2021年12月27日(月) (雪/曇り)の午前9時~14時までの地下水位 -17.05m~-18.40m (降雪のため水位が下がっていました。9時~11時頃の水位は-18.25m~-18.42でしたが、その後水位は回復傾向にあり、14時頃には-17.05~-17.21mでした。再度降雪があればまた水位は下がるおそれがありますのでご注意ください。)

 

弊社には地下水位観測装置が、社内にあります。その地下水位観測装置で地下水位を見て確認することができます。毎日とはいきませんが、情報を公開していきたいと思います。

雪が多く降ると、融雪装置が動き、水位が低下します。

2021年1月8日~11日の大雪では-23mくらいまで低下していました。大雪の時は、富山県が1月8日に地下水位低下注意報を発令していました。(1月12日13時解除)

2021年2月18日(木)に2021年度2回目の地下水位低下注意報が発令されました。(2月19日13時解除)-21mくらいまで低下していました。

道路の融雪装置は節水と水位を回復させるため運転が止まる時間があります。(11時~12時/13時~14時)

降雪時、午前10時は地下水位が低下している時間で、12時(正午)は若干水位が回復するようです。

 

2022年01月20日

新型コロナウイルス感染予防の取り組みについて

現在、新型コロナウイルス感染に対して、第2波の発生が懸念される厳しい社会環境状況となってきています。弊社でも新型コロナウイルス感染のクラスター防止のため、社員一人ひとりの体調管理と予防に努めております。

新生活様式として示された三密(密接・密集・密閉)の回避や飛沫感染の予防対策を図り、状況を見ながら事業を行っております。新型コロナウイルス感染症への対応として、下記対策を講じてまいりますので、ご来社の際にはご不便をおかけいたしますがご協力よろしくお願いいたします。

 

◎社内では

・社員全員にマスクを配布し、外出時等に使用しております。

・社内に数か所手指用アルコール消毒液を設置致しました。

・非接触型体温計を用意し、社員の体温測定を社内で安全に行えるようにしております。

・社員にソーシャルディスタンスを意識するよう呼びかけを行っております。

・新生活様式として示された三密(密接・密集・密閉)の回避。

・社員の体調管理(体温測定や体調の自己申告等)。

・お客様とお会いする際にはマスクの着用を徹底。

 ご来社の際には、マスクの着用と設置しておりますアルコール消毒液のご使用をお願いいたします。

◎現場では

・屋外での作業の際には熱中症予防のためマスクを着用しない場合がありますが、ソーシャルディスタンスを守り、感染予防に気を付けております。

・現場にはアルコール消毒液を設置

 

 

社内でも感染予防について、社員全員で話し合い対策を行っております。今後さらにできる予防についても考え、実践していきたいと考えております

 

2020年08月21日

富山新聞に「災害時用の手押しポンプ」が掲載されました。

2017年(平成29年)8月26日(土)に富山新聞に掲載されました。(以下掲載文)「富山県美術館近くの富岩運河環水公園内には内山鑿泉工業(富山市)が施工した電源不要の手押しポンプが設置された。全国に先駆けて消雪井戸に設置した災害用で、県鑿井協会が県に寄贈した。 ステンレス製。防災用の給水設備で、小さな力で地下水をくみ上げることができるため災害時にも頼りになる。内山鑿泉工業は近く社内にも、より高性能のポンプを設置し、普及に力を入れていく。」

現在、弊社には災害用手押しポンプを設置してありますので、実際にご覧になれます。

 

2018年01月16日