サービス一覧

「さく井工事」

pakasyon02

スゴ腕職人の井戸掘り!
さく井工事は家庭用飲料水や道路消雪など用途にあわせ、またその地域の水質や必要な深度を長年の経験とデータからお見積りを出させていただいております。井戸の掘削の機械は、伝統工法のパーカッション工法によるもの、無振動・無騒音のロータリー工法によるもの、約3日で堀り終わるスピーディーなエアーハンマー工法があります。

詳しくは井戸工事情報のページをご覧ください。

リンク⇒ 井戸工事情報

2018年01月15日

「配管工事」

syousetu02

井戸水を家庭や職場で使用・飲料用にするための配管工事(上下道給水工事・下水道排水設備工事)、消雪、空調、衛生、ガスなどの配管各設備の設計施工を行います。町内消雪工事も多く施工してきました。冬、雪が積もった日は融雪装置が作動し、喜ばれております。富山市では、消雪装置の設置に関して、補助金を交付していますので、ぜひご相談ください。

2018年01月16日

「井戸再生工事(超高圧洗浄・井カメラ探査)」

kouatusenjyou03

スクリーンの詰りが主な原因で水の出が悪い場合、高圧洗浄の技術で、ノズルを回転させながら水を噴射してスクリーン部分を清掃します。深井戸の内部を探査するカメラとテレビ画面で確認の上で作業しますので、安全確実な工法です。

超高圧洗浄について
 既設水中ポンプ゚引上げ、井戸深度・自然水位測定後洗浄前に井カメラ探査を行い井戸内の状況を把握します。濁度が多く井カメラ探査に支障がある場合は仮設ポンプにて揚水を行い濁度を少なくする必要があります。超高圧洗浄は井戸内へ超高圧水回転噴射ノズルを底部まで吊り下げ洗浄を行いスクリーンパイプ゚内面の付着物を除去・洗浄します。洗浄状況結果確認の為に再度井カメラ探査を行ないます。井戸ケーシング゙内の沈殿物除去のために浚渫作業と井戸能力確認のために揚水試験を行ないます。既設水中ポンプを点検し水源井を復旧します。

 従来のスワッピング゙作業とは異なり、狭い面積を超高圧回転噴射ノズルで奥深くまで洗浄出来ますので採水効果抜群の理想的な洗浄工法です。洗浄前はスクリーンの穴等確認出来なかったのですが、洗浄後は鮮明にスクリーンの奥深くまで洗浄の効果が確認出来ます。深井戸の水位の低下は地層によって異なりますが、短期間の使用の場合はほとんど泥と砂等によっての目詰りが原因です。超高圧洗浄をすることによって、井戸が再びパワーアップされます。

 従来のスワッピング゙作業に比較すると、工期を短縮することができるため、工事費の軽減が可能となりました。深井戸(100m位)までの工期は2日位で完了します。

2018年01月17日

「機械器具設置工事」

井戸用ポンプの故障で、ポンプを新しくする必要がある時や融雪装置の制御盤の取替は弊社にお任せください。各種ポンプ・制御盤の設計・施工を行います。

2018年01月18日

「井戸・揚水設備保守点検」

毎年降雪期を終えると、3月下旬頃から11月初旬頃までは全く使用する事が無く、この間消雪装置の本管内に砂、泥、錆等が絡み合って管内の詰りを生じ降雪時に装置が稼働しなくなる為、シーズン前に消雪装置、特にパイプ゚内の点検、場合によっては洗浄が必要となります。雪が降る前に、融雪設備の点検やノズル掃除を弊社が責任持って行います。

2018年01月19日

「浄水器の設置・取替」

弊社は、株式会社 アクアス総研様の「給水用セントラル精製装置 AQUAS5(アクアス・ファイブ)」取扱い店です。水道水をもっとおいしく召し上がりたい方はどうぞご相談ください。弊社でも水道にAQUAS5を設置してございますので、弊社にいらっしゃる際には、おいしいお水で入れたお茶やコーヒーをどうぞお召し上がりください。

もっと詳しく「給水用セントラル精製装置 AQUAS5」を知りたい方は、株式会社 アクアス総研様の公式サイトをご覧くださいませ。下記にリンクを貼ってございます。

リンク⇒ 株式会社 アクアス総研 公式サイトへ

2018年01月22日

「地中熱利用」

chicyunetsu

弊社では、地中熱(地下水熱)を利用して、床暖房や空調設備、給湯設備を設置いたします。

地中熱とは…地下の温度は土壌の断熱機能により大気の温度変化の影響を受けにくく、一年を通じてほぼ一定であることを利用し、古くから食品や氷の保存に利用されてきました。20世紀に入るとヒートポンプによる積極的な温度差利用が行われるようになり、冬場は地中から熱を吸い上げる(暖房)、夏場は地上の熱を地中に放出する(冷房)という形で利用されています。

再生可能エネルギーである地中熱は次世代エネルギーとしての注目度はもちろん、CO2排出の少ない環境にも配慮したエネルギーとして一般家庭のみならず、学校や公共施設などの大規模空間にも広がっており、富山県においては 富山県美術館において地中熱ヒートポンプシステムが導入されています。

弊社では2017年に、地下水熱を利用した当社独自のヒートポンプ冷暖房システムの開発を行いました。

詳しくは地中熱利用のページをご覧ください。

リンク⇒ 地中熱利用

 

2018年01月24日